2015年度 研究集会「生物流体における運動の諸相」Workshop on "Aspects of motions in biofluid problems" 


お知らせ/News

  • 本研究集会は無事終了しました.皆様ご協力ありがとうございました.
  • 今年は講究録を作成しないことにいたしました.


会場: 京都大学 数理解析研究所 111号室

日程: 2015年10月26日(月)-28日(水)

Place: Room #111, RIMS, Kyoto University
Date: 26(Mon)-28(Wed) Oct. 2015


招待講演 / Plenary Lectures:

1.「循環器系疾患に関する流体力学 ー臨床医学と数理科学の協働−」
   水藤寛(岡山大学大学院環境生命科学研究科)
   "
Fluid dynamics for cardiovascular diseases
     —Alliance between 
mathematical science and clinical medicine—“
    Hiroshi Suito (Okayama University)

大動脈の中の血流は、動脈硬化から始まって大動脈瘤、大動脈解離などの循環器系疾患に深く関係していると考えられている一方、流体力学的にも多くの興味深い特徴を備えている。曲がり管内の流れに特徴的な2次流れや、拍動流であることによる特徴、血管壁との流体構造連成、非ニュートン流体としての振る舞いの有無など、様々な流体力学的特徴を持っている。そしてそれらの流れの特徴が、血管壁面に与える応力分布を通して、長期的な血管の変形や変成に影響しているようである。我々のグループでは、臨床医との緊密な協力によって、それらの特徴と病態との関係を調べてきた。また、血管形状には個人差が大きく、それらの幾何学的な特徴と病態との関係を調べることによって予後予測にもつながることが期待されている。本講演では、このような数理科学と臨床医学との協働の営みの一端をご紹介しながら、ご一緒にその可能性について考えたい。


2. Kinematics of collective behavior --- bird flocks and others” 
    Tsuyoshi Mizuguchi (Osaka Prefecture University) 
    [水口毅(大阪府立大学大学院工学研究科)]

Animal groups exhibit fascinating collective behaviours such as V formation flight of migrating bird flocks or torus structure of fish schools, which are not observed in the classical particles. Lots of works have been done to analyze these various behaviours from the viewpoint of self propelled particle system. In addition, recent progress and improvement of measurement devices enable us to obtain precise data of real animals motion by various methods. In this lecture, after a short review of these studies, we introduce analyses of bird flock dynamics from the view point of kinematics. 


3. Hydrodynamic description of active fluids"
 
  
 Hugues Chaté (CEA - Saclay, France)

Large collections of self-propelled particles interacting via (effective) alignment can be described by hydrodynamic equations combining Navier-Stokes-like and Ginzburg-Landau-like nonlinearities. I will show that these highly compressible active fluids display novel phenomena, involving both their nonlinear inhomogeneous solutions and their unusual fluctuations and correlations.

* Talks with English title alone will be given in English. Talks with both Japanese/English titles will be presented using English slides.


Program is available here! (2015-10-14 updated)


講演募集: 締め切りました.お申し込みありがとうございました.


問い合わせ先・世話人: 飯間 信 (広島大院.理)
Organizer: Makoto Iima (Hiroshima University)


Email:

この研究会は RIMS 共同研究「生物流体力学における運動の諸相」の一環として行われます.

また,科学研究費基盤研究(C)(26400396)の援助を受けています 


過去の研究集会

2014年度研究集会「生物流体力学における計測問題

2013年度研究集会「生物流体力学における流れ構造の解析と役割

2012年度研究集会「生物流体力学における同期および関連する現象


© 飯間 信 2015